POSを導入すれば 顧客管理がパパッとできる

開業時のポイント

会議

店舗選び

開業すると言っても、その仕事の内容によって行うべき準備が変わってきますが、特に店舗開業で行うさいには店舗選びが重要になります。店舗開業といってもその職種によって変わってきます。例えば飲食店で店舗開業するのとコンビニなどで店舗開業するのでは、出店場所によって集客力に大きな差が生まれます。また飲食店でも提供する内容によっても客層が変わってきます。ラーメン屋の場合には幅広い層から支持されていますが、その分競争力も必要です。一般的な食堂の場合にも無骨な食堂であれば労働者向けといった感じになりますし、おしゃれな料理を出すお店であれば、そのような料理を食べてくれる人が多く住むエリアでなければ経営が成り立ちません。またその提供するサービスの種類によって混み合う時間も変わってきますから、その種類に適した店舗選びや立地選びが重要となるわけです。店舗開業の物件の選択肢としては、スケルトン物件を選んで内装を一から作るという方法がありますが、この場合には初期費用が多くかかります。ただ自身らしさのあるお店を作ることができるのが大きな魅力です。一方で居抜き物件を利用するという選択肢もあります。居抜き物件では前のオーナーから設備を譲渡してもらうもので、業種が限られますが店舗開業にかかる費用を抑えることができるメリットがあります。特に設備の初期費用が大きい飲食店の分野においては、居抜き物件による店舗開業が多くを占めています。