POSを導入すれば 顧客管理がパパッとできる

滞在期間が重要です

相談

所定の手続きを把握する

近年、日本の企業やメーカーなどが中国や台湾など海外へ進出するケースが多くあります。これは、日本に比べ発展途上国のある海外へ進出する方が人件費が押さえられるだけでなく、その国の経済発展にもつながるからです。そんな海外進出先として注目されているのが香港です。香港は人口も多く、日本からも距離が近いため多くの企業に選ばれています。このような香港ですが、日本から香港へ転勤となった場合にビザの取得方法についてみなさんはご存知でしょうか。海外へ行く場合には、ビザの申請を必要とする国もあります。しかし、香港は90日以上の滞在でのみビザが必要になるということを知っておいてください。ただし、この条件は日本国籍を持つ方に限られていますのでこの点も注意が必要です。ビザを取得する為には、代理店に任せた方が安心できます。代理店では、就労ビザはもちろん投資ビザや家族ビザの申請を行う事ができます。まずは、香港のビザ申請が通る条件を確認します。香港で外国籍の方が働く場合は、香港にとって有益な技術をもたらしてくれる人物である事が条件です。必要事項を記入した後、香港の入境事務所へ郵送するか駐日中国大使館へ申請する必要があります。これについては、代理店等で行ってくれる場合がほとんどですので心配いりません。申請したビザが審査を通過し、手元に届くまで4週間ほどかかります。これがビザ取得の一連の流れとなります。香港に入国した後も、様々な手続きを行う必要がある場合がありますので入念にチェックしておきましょう。