POSを導入すれば 顧客管理がパパッとできる

開業時のポイント

会議

開業する方法はいくつかありますが、店舗を持って開業するためには店舗選びや作りが重要になります。店舗開業するには不動産業者を通じて貸し店舗を探すことになります。このさいに飲食店などで多く使われているのが居抜き物件で、前の借り主が使用していた設備を譲渡してもらえるので初期費用を抑えることができます。

滞在期間が重要です

相談

香港でビザを取得する場合、基本的に90日以内の滞在であれば必要ありませんので知っておくと良いです。ビザが必要な場合は、香港側が提示する条件を満たした旨を申請書に記入し、必要書類と合わせて送付します。審査が通るまでに4週間ほどかかります。また、送付については代理店が行ってくれる場合が多いです。

効率のよい販促企画

オフィス

個人情報と販売情報を統合

適切なマーケティングを行い、企業の売上を伸ばすためには顧客管理が欠かせません。自社の商品がどのような購買層に支持されているのかを分析することが効果的な宣伝に繋がるのです。顧客管理には事前準備が必要です。まずは顧客の情報を集めて分類することから始まります。顧客情報の収集に用いられているのがポイントシステムです。ポイントカードを発行する際に、顧客の住所、氏名、年齢、性別などの個人情報を登録してもらうのです。近年ではこれらの顧客情報とPOSデータを連動させることで、より詳細な顧客管理が行われています。POSデータにはいつ、どのような商品が、いくらで、いくつ売れたかといった販売情報が蓄積されています。磁気ストライプやICチップで管理しているポイントカードであれば顧客が商品を購入する際にレジで読み取り、売上情報と顧客情報を統合させたデータを作ることができるのです。POSデータとポイントカードを組み合わせた顧客管理の仕組みを利用すると「20代男性のAさんは平日の昼間におにぎりを買うことが多いので、おにぎりの割引クーポンを登録されているメールアドレスに送ろう」というようにピンポイントな販促が可能になります。顧客にとっても日常生活で利用しやすいクーポンをもらえるほうがありがたく、企業への印象も良くなります。POSデータなどの情報は収集するだけでなく、企業活動に利用することでさらなる価値が生まれるのです。

専門業者としての期待

握手

宅配サービスに問題を抱えているときには、宅配コンサルタントを利用すると解決策が得られます。概要を伝えるとその周辺まで改善点を指摘してくれて、盲点に気づかされることになり、他の改善点も導き出せるようになる可能性がある方法です。